混浴温泉露天風呂で全裸女性と湯浴み体験

ハートエッチ経験実録投稿
湯浴みの女性
混浴温泉露天風呂に入浴し、全裸の女性と一緒に湯浴みした体験談。日帰り入浴の4時間に女性器を見せつけるJK、前を隠さない若いママさん、裸で動き回る美女を多数目撃。

人気のカテゴリー
おまんこ見放題
無修正動画
無料ムービー特集
AV女優
素人
ギャル
JK
美少女・アイドル
熟女・人妻
盗撮・のぞき
アニメ
外人
ニューハーフ
暴行・レイプ
痴漢
レズビアン
オナニー
ナンパ
フェラ
露出
SM
ゲイ
コスプレ
巨乳
アイドル
中出し
アナル

ライブチャット




リンクへの案内
リンク集


■携帯アダルト動画
QRコードを携帯で読み取ってください

携帯QRコード


混浴温泉で遊ぶ、混浴温泉に入る、混浴温泉に侵入、混浴温泉めぐり、混浴温泉のぞき、混浴温泉をのぞく、混浴温泉で裸の付き合い、混浴温泉ピーピング、混浴温泉紀行、 彼女と混浴温泉に入る、混浴温泉ツアー、ギャルのいる混浴温泉、年増女性のいる混浴温泉、JKと入る混浴温泉
■温泉、銭湯、民家のお風呂、シャワー、脱衣場の盗撮映像を網羅■
1919gogo.com
秘密!新露天観察ポイント

※EX会員になれば女湯盗撮専門「お風呂の中のプニョ」を
追加料金なしでダウンロードできます!


●神奈川県・JIROU●

すごい美人の全裸姿に手が震えた!

露天風呂の女性関西地方に住んでいた時のことです。 自宅から車で15分の山あいに露天風呂のある温泉があり、平日だけ日帰り入浴できると聞きました。
私は一度行ってみたいと思っていましたが、平日は仕事なので、なかなか行く機会がありませんでした。

そんな時、会社のプロジェクトが一段落し、部長から「お前、月曜も休め。3連休やる」と言われました。
うちの奥さんは温泉が大嫌いです。
平日休みなんて滅多にないので、月曜に「行きたい」と言ったら、「1人で行って来て。夜までゆっくり浸かっておいで」と、突き放されてしまいました。
私としては久しぶりの大好きな温泉なので、夕方まで入ってやる、との意気込みで、正午前に出発しました。

温泉は渓谷に沿って混浴露天風呂と、これにつながる内湯一つが並んでいます。
渓谷に面した露天風呂は30人程度が入れる大きさで、後背地は山林になっていて、階段を上がった2メートルの高さに、ベンチを四つ並べた屋根付きの小さな休憩所がありました。
露天風呂と内湯とは、すりガラスのドアで行き来できるようになっています。
ただし、内湯は夕方4時までは女湯で、4時以降は男湯に切り替わります。
従って、4時までに露天風呂に入る男性は、小さな休憩所で服を脱ぐようになっていて、脱衣カゴが隅に積み重なっていました。

私が行った時、昼食付き日帰り入浴のランチタイムだったのか、露天風呂にはだれもいませんでした。
私はゆっくりと湯につかり、眼前に広がる渓谷の緑を眺めつつ、仕事と家庭の疲れをひとり癒していました。

でもそんな時間は束の間で、じきにひっきりなしに人が入ってきました。
それも内湯から。
つまり、女性客がたくさんやって来たのです。
男性の入浴客は、バイクでツーリング中の2人組、家族と一緒に来た中高年の数人、どうも仕事中らしい背広のおじさん1人…そんな人がパラパラやって来てはすぐに出て行くので、実質的に露天風呂に入っている男性は私ひとりの状態でした。
男が1人だと、集団でやって来る女性たちは、気が緩んでしまうのでしょうか、信じられないくらい無防備に露天風呂に入ってきました。

混浴露天風呂の女性1時前、お湯に浸かっていると突然、内湯のドアがあき、2歳前くらいの子供を両腕で胸に抱えた女性が、スタスタとやって来ました。
両腕がふさがっているので、下半身はむき出しです。
子供を下におろし、洗面器にお湯を汲んで掛け湯をし、アソコも洗ってから子供とお湯に入ってきました。
私はあまりの急な出来事に目を丸くし、ドギマギしていました。
私からするとその女性は5メートル離れて真正面にいますが、直視していいのか、目をそらした方がいいのか、よく分からないまま、何となく眺めていました。
子供がお湯の中を歩き回るので、お母さんもしょっちゅう注意したり、立ち上がって子供の行動を制止したりしています。
母は強し、といいますが、私の存在なんか、まったく眼中にない、といった感じです。

チラ、チラという感じで見ていると、うちの奥さんと同じ30歳くらいの感じです。
顔はホリが深くてちょっとラテン系っぽいエキゾチックな感じで、痩せたうちの奥さんに比べると、肉付きはかなり豊満です。
その子供が手でお湯をバチャバチャさせながら私の方にやって来たので、私の顔に少しお湯がかかりました。
お母さんはすぐに立ち上がってやって来て、「すいません」と言うなり、子供を抱えあげました。
私は「あっ、いいですよ」と返しましたが、お母さんは「ダメでしょ、人にお湯をかけちゃ」と子供を叱っています。
ほんの目の前で見ず知らずの女性と全裸で会話するなんて、今考えればかなり異常な事態ですが、その時は自然な感じで、ちっとも嫌らしさはありませんでした。
私は「大丈夫ですよ。ここへはよく来るんですか」と話しかけました。
彼女は子供を抱えたまま、その場で湯船に浸かり、しばらく会話が始まりました。

お母さんグループで昼食付きの日帰り入浴に来た女性で、ほかのメンバーは今、内湯に入ってるから、もうじき露天風呂にやって来るといいます。
初めて来たこと、車で1時間かけて来たこと、旦那は営業の仕事をしていて毎晩遅いことなど、気軽に話してくれました。
その間、私は女性の方を見ないようにしていました。
初めて会う素人の素っ裸の女性と1対1で、体をジロジロ見ながら会話するなんて、私にはとてもできないことです。

露天風呂の女性そうこうするうち、ドアがあいて、子供を連れたお母さんが3人、ドヤドヤっとやってきました。
その1人がわれわれを見て、「●●さん、もう彼氏でけたんか」と、関西弁で言いました。
彼女は「もう、何ゆうてんの」と笑いながら、私に軽く会釈し、立ち上がって連れのお母さんたちに合流しようとしました。
私の目の前で立ち上がり、後ろ向きになって子供を抱えるために腰をかがめた時、たまたま私の目が股間に行ってしまいました。
手を伸ばせば届きそうな距離で、一瞬ですが、彼女の黒っぽい割れ目がヒダヒダまで見えました。

勢いの良い女性の集団を前に、私は借りてきた猫みたいになっていました。
とても視線を向けることはできず、ずっと背を向けていました。 お母さんたちは15分くらい井戸端会議をしていたでしょうか、ガヤガヤっと内湯に戻ってゆきました。
露天風呂で女性客と会話したのは、この時だけです。
お母さんたちが去った後、さっきの女性の割れ目を思い出し、初めて勃起しました。

それからもいろいろなグループ、家族連れが入ってきましたが、私はだいたい、背中を向けていたり、湯から上がって岩に座り渓谷の緑を眺めたりしていました。

イヤだったのはババアのグループです。
「見ないでよ」とか「見るなよ」とか言いながら入って来ます。
それが決まって、「金もらっても見ねえわ」と言いたくなるようなすごく醜いババアです。
中途半端に年齢を食った女ほど、「わあ、男の人がいる」と大声で言ったり、いかにも恥ずかしそうにしたり、タオルで胸と下半身を嫌みったらしくぴったり押さえたりと、過剰な反応を取るのが多く、見たくもない私としては、大変不愉快な思いになりました。

後日、奥さんに聞くと、若い女性は体に自信があるので見られても平気、あるいはむしろ見せたいと思うから、超ミニや超ビキニでも平気で着るけど、年を取ると体に自信がないから男に見せたくない意識が強く働くのではないか、と言っていました。
なるほどその言葉通り、見せたいとしか思えない女の子がいました。

露天風呂の女性母娘や親せきの女性ばかり数人のグループの中に、中学生か高校生くらいの女の子がいました。
彼女はタオルを持たず、風呂の中や、浴槽の外をあちこち歩き回っているので、必然的に何度も私の視界に入ってきました。
顔はまあ可愛い方かな、AKB48にでもいそうな感じです。
胸はまだ成長過程にあり、膨らみは固そうで脂肪のたるみはありません。
お尻は小さくプリっと上がっていて、まだ子供みたいです。
何回も私の視界に寄ってくるので、とっさに、私に興味があるのかなあ、と思ったほどです。
でも、まだ子供だから男性の目を気にしないのかもしれない、とも思いました。

と、この子が、私から1メートル離れた浴槽淵に、体を私の方を向け、片膝を淵に立てて座ったのです。
しかも、脚を大きく開いています。
この子の秘部が私の目と同じ高さなので、自然に割れ目が目に入ります。
アンダーヘアはまだ薄く、割れ目の方にはまったく毛がないので、肌色のビラビラと、クリトリスの出っ張りの下にピンク色の赤貝がくっきりと見えるのです。
子供みたいとはいえ、れっきとした女性器が目の前にあるので、さすがの私も息を飲みました。
彼女はその体勢のまま、顔をよそに向けています。
その顔を見て、私はワザとやっていると確信しました。
すぐにお母さんらしい女性が「●●ちゃん何してんの、ダメよ、ちょっとおいで」と呼んだので、彼女は赤貝を閉じて視界から消えてしまいました。

3時すぎると、露天風呂に入ってくる女性がめっきり減り、3時半にだれもいなくなったので、私は裸のまま上の休憩所のベンチで、来る時買っておいた昼食を食べることにしました。
好物のいなりずしを食べていると、突然、内湯のドアがあき、タオルを前に垂らして胸と下半身を隠した女性が入ってきました。
  露天風呂の女性私はその瞬間、文字通り息が止まりました。
ものすごい美人です。
緊張すると喉がカラカラになるといいますが、瞬時に喉が渇いて、息をするのも苦しい状態になりました。
気がつくと、箸を持った手が小刻みに震えています。
目のあたりが熱くほてり、視線は釘付けです。

彼女は右側の渓谷の景観に気を取られ、私がすぐ左側の上にいることに、まったく気付いていません。
真ん中まで来ると、こちらに背を向けてしゃがみ、タオルを浴槽のふちに置いて、洗面器でお湯を汲んで掛け湯をしました。
湯に入ると、体をいっぱいに伸ばして寝そべる格好になりました。
私の場所からは、仰向けになった全身を、頭の後方から見ている状態です。

顔は女優の桐谷美玲そっくりで、まるで人形みたいです。
18歳から20歳くらいでしょうか、体はスリムで、きめ細かく白い肌はまるでろうを塗ったようです。
露天風呂の女性スラリと伸びた脚、くびれた腰、形のいいバストが、私の目の前3メートルほどのところに、あられもない姿で横たわっているのです。
アンダーヘアは湯の中でプカプカ揺れていますが、下腹部に小さな楕円形に張り付いていて、どうやら刈りそろえているようです。

しばらくすると、彼女はタオルも持たずに立ち上がり、浴槽を出て、渓谷側の手すりに寄りかかって景観を眺め始めました。
髪を上げてクリップで押さえているので、長く細い首筋がさらに長く見えます。
後ろから見ても、肩から腰、ヒップにかけてのラインにムダな肉はなく、素晴らしい体つきです。
彼女は手すりに右肘をつき、頬づえをついて、脚を少しクロスさせた格好で、じっと緑の眺望を楽しんでいます。
その間、その引き締ったお尻と細い脚、なで肩から腰にかけてキュッと狭まったボディラインから、私は目が離せませんでした。

3分くらいして振り返った時、初めて私に気付いた彼女は目を見開いて、ハッとした表情をしました。
露天風呂の女性腕で胸を隠し、浴槽を横切って置いていたタオルを手にし、前を隠しながら、逃げるように内湯に戻って行きました。
その時、私のペニスは今にもはち切れんばかりに大膨張していました。
喉はカラカラ、心臓はバクバク、顔は赤らんで、呼吸もかなり早くなっていました。
こんな状態になったのは初めてで、今の奥さんと付き合い出し、初めてセックスするまでの間にも、味わったことがありません。

たとえ女の裸を100人見ても、1人の美女の裸にはかなわない、とつくづく思いました。

ペニスに興奮の余韻を残したまま、昼食を食べ終え、缶コーヒーを飲みながらくつろいでいると、時計はすでに4時を10分も回っています。
ペニスは半立ちくらいにおさまりました。
4時からは内湯が男湯に入れ替わるため、この休憩所はすでに女性用の着替え場所になっているはずです。
早く移動しなければなりません。
内湯はすでに男湯になっているんだから、脱衣カゴを持って、そのままドアを開けて内湯を通り、内湯の脱衣場に運べばいいのだと気付きました。

すぐに脱衣カゴを手に、内湯のドアを開け、中に入りました。 内湯は細長い造りで、山側の壁に沿って長さ20メートルもある細長い浴槽があり、渓谷側は大きなガラス窓と、その下に洗い場が並んでいました。
脱衣場は、浴室を出たところにあるようです。
洗い場の女性その脱衣場の近くにまで行くと、大きな柱の陰になっている洗い場に裸の女性が座っているのに初めて気付きました。
驚いてよく見ると、さっきの桐谷美玲が、洗い場のイスに腰掛け、全身を泡まみれにしたまま、タオルで乳房を隠して脚を閉じ、前かがみになってジッとしています。
このままでは私が痴漢にされるかもしれないと思い、「あのう、ここは4時から男湯ですよ」と声を掛けました。
彼女は下を向いたまま「はい、はい、すいません、すいません」と2度繰り返しました。
声はちょっとハスキーで、濡れたような色気を感じさせました。

私はそのまま脱衣場に入りました。
木の棚が何段かあり、脱衣カゴが並ぶだけのシンプルな構造です。
大きな鏡が張りつけられた壁のすぐそばに、彼女の脱衣カゴがありました。
その隣りが開いていたので、そこに私の脱衣カゴを置き、内湯の入口のドアを少し開けて表示を確認すると、まだ「女湯」になっていました。
風呂から出ていない女性がいるので、従業員が「男湯」に切り替えていないのでしょう。
ただ、私は入館する時に「4時から男湯になる」とはっきり言われ、しかも表示のない露天風呂側から入っているので、もしもの時も言い訳できるな、と思いました。

浴室に戻ると、よほど恥ずかしいのか、彼女はさっきと同じ格好でじっとしていました。
気の毒になり「私は構わないのでゆっくり洗ってください」と話しかけると、彼女は頭をコクリと上下させました。
私はそのまま湯船に入り、大きな窓から山の緑を眺めました。
もちろん洗い場の彼女は目の前にいます。
何度見ても素敵なボディです。
半立ちだったペニスが、たちまち総立ちになりました。
彼女はしばらくすると気が落ち着いたのか、体にお湯をかけて泡を落とし、タオルをしぼってから、走るように脱衣場に向かいました。

あまり間を置かず、私ももう上がろうと、脱衣場に入りました。
彼女は脱衣カゴのある大きな鏡の前で、風呂で使っていたタオルで体を拭いていました。
バスタオルは持っていないようです。
私は「失礼」と言いながら、彼女のすぐそばに行き、自分の脱衣カゴの中から持参したバスタオルを取り出しました。
脱衣カゴを隣りに並べておいて、本当に良かったと、自分の機転にうれしくなりました。
至近距離から見る彼女の肌はきめ細かくスベスベで、湯上りに全身がほんのり赤く染まっています。
脱衣場の女性彼女は私に背を向ける格好で体を拭いていましたが、大きな鏡に彼女の前面が、頭のてっぺんからつま先まで、顔もバストもアンダーヘアもすべてが丸出しで映っています。
彼女がうつむいたままで私の視線を見ないのをいいことに、私は肌が触れ合うほどの近くにいる生身の後ろ姿と、鏡に映った前からの姿を、交互に眺めながらバスタオルを使っていました。
うなじから立ち昇るボディーシャンプーの匂いを嗅ぎながら、ペニスはもう暴発寸前で、ドクッドクッと周期的に角度を上下に刻んでいます。
私は体を彼女の方に向け、膨張したペニスを彼女のすぐ後ろからワザと鏡に映しました。
下を向いている彼女の視線から、絶対見える位置です。
彼女が何となく体を固くしたのが分かりました。

先にバスタオルで拭き終わった私は、パンツを履くと、「暑い、暑い」と言いながら、扇風機の前のイスに座り、しばらく涼むふりをして、見ていました。
体を拭き終わってからの彼女の行動の何と素早かったことか。
白いレースのパンティをつけ、ブラジャーもしないでTシャツを着、細いGパンを履くと、洗面台でタオルをしぼって、すぐに出て行きました。
その間、私の顔を一度も見ませんでした。

まだ「男湯」に切り替わっていなかったのと、勃起したペニスを見せつけた弱みがあるので、私は通報されたらイヤだなと思い、急いで服を着て、ホテルの裏口から駐車場に回り、すぐに出発しました。
ハンドルを握りながら、あの桐谷美玲の裸を思い出すと、小さくなりかけたペニスがまた大きくなりました。

半年くらいして、また平日の休みが取れたので行ってみましたが、若い女性はバスタオルで体を軍艦巻きにしたのが1人で、後はオバサンばかり。

前回はビギナーズラックというやつで、たまたま運が良かっただけなのだと思いました。
■男のロマンを叶える女子風呂盗撮作品がいっぱい■
のぞきザムライ
のぞきザムライ

■伝説的女風呂専門盗撮師の作品を一挙公開■
peeping-eyes.com
無修正盗撮動画

■女湯に一緒に入っているような臨場感■
お風呂の中のプニョ
お風呂の中のプニョ

■女湯、カップル貸切露天風呂、脱衣場…さすが盗撮最大手■
のぞき本舗 中村屋
のぞき専門サイト のぞき本舗中村屋

アダルトコンテンツ
アダルトサイト徹底比較
アダルトサイト比較ナビ
マニアの館/フェチサイト情報
HDハイビジョン/高画質動画
無料動画サンプル見放題
エロアニメの宝箱
素人ハメ撮り動画集
AV女優ギャラリー
フェチパラダイス
人気サイト自動更新マガジン
アダルト管理人体験記
サイト最新情報紹介ページ

裏画像.com
アダルト写真館
人気女優マル秘画像!

ライブチャット比較ナビ
チャットガール紹介ムービー

ライブチャットレディ募集比較
DXLIVE JOB紹介ページ


■■相互リンク■■
アダルトエンジェル

アダルトサーチエンジンマックス

アダルト即索『Pinkhip』

アダルト検索アダルト・ドクター

アダルトサーチSa'gasuzo

アダルト検索エンジン アダルトxADULT


アダルトシーカー

アダルト検索一発サーチ

アダルト検索NaviNavi


アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS



混浴温泉につかる、混浴温泉で湯浴み、混浴温泉で騒ぐ、混浴温泉に直行、混浴温泉万歳、混浴温泉めぐり、混浴温泉のぞき、混浴温泉をのぞく、 混浴温泉で裸観賞、混浴温泉ピーピング、混浴温泉紀行、不倫旅行で混浴温泉、ホステスと行く混浴温泉、人妻の多い混浴温泉、混浴温泉旅行

HOME ページTOPへ
アダルト動画のお問合せ 電話のイラスト

Copyright© アダルトNO.1 エロ動画無料検索. All rights reserved.
inserted by FC2 system